2016.11.24 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.11.23 Wednesday

    東京都心で54年ぶりの11月積雪なるか!?

    0

       

      今日も寒かったですが

       

      明日もどうやら寒いみたいですね。

       

      このあと雨が雪に変わり、東京では54年ぶりの11月の積雪が

       

      見られるかもしれません。

       

      寒いのは好きですが苦手なんで、あんまり早い時期に

       

      雪なんて降って欲しくないと言うのが本音ではあります。。。

       

      兎にも角にも明日は着込んで仕事に向かわなきゃですね。

       

      足元には注意して転倒には気をつけましょう。

       

       

      2016.11.23 Wednesday

      「強すぎる佐川男子」

      0

         

        報道によると、逮捕されたのは指定暴力団松葉会系の組員。

        インターネットの代引き交換で、ロレックスの腕時計(86万円相当)を注文し、

        届けにきた配達員を脅して腕時計を置いていかせようと計画した。

        事務所に荷物を届けにきた際に、モデルガンを見せつけながら組員同士で

        揉めているように見せかければ、配達員が驚いて商品を置いていくだろうと考えたのだ。

        ところが、届けにきた佐川急便の配達員は、このような状況に臆することなく、

        組員からモデルガンを取り上げ、110番通報した。

        2人は事務所から逃走したが、その後恐喝未遂の容疑で逮捕された。

        ※YAHOO JAPANニュース一部抜粋※

         

         

        すげーーーー!!!!

         

        責任感から荷物を置いていくことはしないだろうが

         

        銃を取り上げることまでできるかは・・・普通無理…

        モデルガンとはいえ)

         

        佐川男子やることがイケメンでヒーローみたいだわ。

         

        女子に人気な理由が分かる。

         

        日頃から配達員の方にはお世話になっているから

         

        これを機に感謝の気持ちを強く持たなければですね。

         

        尊敬します。

         

        と言うことで今日も安心してAmazonで買い物しようかな。笑

         

         

         

        2016.11.22 Tuesday

        福島で震度5弱

        0

           

          驚きました!

           

          昨夜のBlogで震災のことを記述していたので

           

          まさか、今朝に地震が発生するとは思いませんでした。

           

          青天の霹靂ほどではございませんが

           

          予期せぬ出来事に驚きを隠せません。

           

          会社の先輩が漏らしていたのは

           

          ニュージーランドの地震と関連しているのではないか、

           

          3年前の大震災のときも、ニュージーランドで大きな地震が

           

          起きた後に発生していたということなので

           

          もしかしたら・・・みたいなことを漏らしていました。

           

          本当に恐ろしい話です。

           

          自然現象に関して、我々人間は成す術ありません。

           

          それは自然であり、とても健全なことでもあります。

           

          ただし、現象を変えることができなくても

           

          その現象に対する対応は変えることができます。

           

          備えておくことは可能です。

           

          どこまで防ぐことができるか、限界はございますでしょうが

           

          最善の努力と備えをしていれば

           

          いざ、そのときが訪れても慌てなくても

           

          必要以上の心配や不安を感じることもないでしょう。

           

          日頃からの備えを怠らないことが必要になってくるのだと思います。

           

           

           

           

           

          2016.11.21 Monday

          “地震で倒壊の恐れ”名古屋城に警告看板

          0

             

            今朝のニュースで知りました。

             

            名古屋城が倒壊の危機にあると。

             

            観光名所の名古屋城天守閣について

             

            「震度6強の地震で倒壊の危険性が高い」

             

            注意喚起を記した看板が18日、城内3カ所に設置された模様です。

             

            河村市長は天守閣の木造復元事業が決まるまでの応急策と

             

            位置付けているが、安全性の確保を来場者に丸投げした形の異例の対応

             

            という批判もあります。

             

            上記のニュースを知った時、少し寂しかったです。

             

            名古屋城は思い出深い場所で、再び訪れることを楽しみにしていたからです。

             

            ただ、今回の件で大きな地震が発生した場合

             

            倒壊する可能性が高いと思うと怖くもあり、耐震化が完了するまで

             

            訪問することは遠慮したほうがいいみたいですね。

             

            地震はいつ、どこで発生するかわかりません。

             

            3年前の地震だって突然で、まさかあんな混乱が東京で起こるとは

             

            思いもしませんでした。

             

            あの日を境に私は防災対策を始めました。

             

            一週間分の食料と防災グッズを購入し、玄関の脇にいつも

             

            設置しております。

             

            備えあれば憂いなしとは言いますが

             

            実際に非日常が訪れたときには心底、用意しといて

             

            良かったと思えると思います。

             

            しかし、今回の件で言えば木造復元事業による耐震化が完了するまでは

             

            まだまだ時間がかかるから、どうかそれまでは愛知近辺(中部地方)に

             

            地震が発生しないことをお願いしたいですが。。。

             

            というか木造復元事業で耐震化ができるのかって疑問でも

             

            ありますが大丈夫なんでしょうか。。


            2016.11.20 Sunday

            東日本実業団駅伝2016ー日清食品グループ優勝

            0

               

               

               

              東日本実業団駅伝2016で日清食品グループが優勝しましたね。

               

              所属していたチームでもあり、後輩が頑張っているのを見て

              とても励まされる思いでした。

              所属していた当時のことを思い出しました。

              陸上競技はシンプルな競技なのに結果を出すとなると

              非常に難しい競技でもある面白いスポーツです。

              後輩たちが優勝した一面だけを抜粋して何かを言うには

              おこがましく、ただただ称えたいと思うばかりです。

               

              さて、ひと昔前の話になりますがスタミナ向上とミトコンドリアの関係について

              研究結果がいくつか発表されて話題になっておりましたが

              その後、どうなったのでしょうか。

              私が最初、ミトコンドリアの増殖が体力アップに寄与すると聞いたのは

              日清の先輩からでした。

               

              徳さんからの話を要約すれば 細胞内にある数百〜3千個のミトコンドリアは呼吸で取り込んだ酸素と、

              食事で摂り込んだ糖と脂から、ATPというエネルギー源を作り、

              ATPは筋肉にあれば筋肉を動かし、心臓にあれば心筋を動かし、脳にあれば神経の情報伝達を促すとのこと。

               

              実際にマサチューセッツ工科大学では、

              ラットを2つのグループに分けてミトコンドリアの影響を調べる実験が行われ

              遺伝子操作によってミトコンドリアを増やすグループと、ミトコンドリアを減らすグループを作成。

              そのうえで同じ負荷の運動をさせるという実験をしました。

              その結果、ミトコンドリアが多いラットのほうが長時間走り続けました。

              そのことによりミトコンドリアはスタミナに寄与するものだと判明しました。

              ミトコンドリアが作るATPは、我々のあらゆる活動のエネルギー源であり、

              ミトコンドリアが1日に作るATPは50圓砲盖擇咾泙后

               

              ミトコンドリアを増やすにはエネルギーが枯渇している状態でのトレーニングが 一番手っ取り早いみたいですが、

              一般の人でもプロ競技者でもそれはリスクを伴います。

              変わり種でいうと、冷水に浸かって、肉体を危機的状況に置くという方法もありますが

              冬場にやったら風邪を引いてしまい、またもやかなり伴います。

               

              今はサプリメントなどでも摂れるようになっているみたいですが

              どこまで増やすことができるのでしょうか。

               

              ミトコンドリアは若返り、アンチエイジングにも寄与すると言われ 様々な分野で騒がれております。

              特に不妊で悩む方々にも効果的だとか。

              ランナーだけではないミトコンドリアに益々注目したいと思います。

               

              さて、今日は暖かいのでミトコンドリアを効率的に増やせるように空腹の中 2時間ほどジョグしようかな♪

               

              2016.01.11 Monday

              美しき世界

              0


                私には歳の離れた弟が居まして

                ときどきしか連絡を取らないので

                伝わってるかどうか分かりませんが

                深く弟を愛しています。

                親愛なる可愛い弟には

                “この世界には美しくて

                感動すべきことがたくさん存在している”

                ってことを話すようにしています。

                世知辛い世の中で物事が思うように進まないこともありますし

                目をそむけたくなるような事柄も存在しているのも事実です。

                ですがそれだけではないこの世の中には美しい世界が

                多く多く広がっているのも事実です。

                白も黒も混在した世の中ですが

                美しい部分を見つけられるそんな人間になってもらいたくて

                美しい世界の話をするようにしています。

                写真は自宅から撮った美しい夕闇に包まれた景色です。




                2016.01.09 Saturday

                新年のあいさつ

                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  あけましておめでとうございます。

                  久々の更新になってしまいましたね。



                  昨年は時間に追われ、やりたいように物事をこなせなくて

                  悔しい一年になりました。



                  今年は時間をコントロールして

                  やりたいように物事をこなすつもりです。



                  その決意として髪をばっさり切りました。

                  爽やかな笑顔溢れる一年にします!



                  本年もよろしくお願いします。





                  2015.09.14 Monday

                  30歳

                  0

                    ついに30歳になりました。

                    感覚は社会人1〜2年目ぐらいなんですが(笑)

                    実年齢は30代という大台に乗りました。

                    楽しいことや辛いこと

                    嬉しいことや悲しいことを

                    たくさん経験してきて今に至りますが

                    なんかまだまだ、まだまだ不完全燃焼です。

                    もっとこう、エネルギッシュに

                    有り余る力を

                    ほとばしるエネルギーを

                    出し切りたいです。

                    しかもそれは四方八方にではなく

                    ただ一つ、ただ一つのことに。

                    走ることに

                    仕事に

                    その一点のみに注ぎ込みたいです。

                    長くは続かないのは知っています。

                    永遠に、これからの人生それだけにって

                    わけにはいかないのも知っています。

                    だからこそ、少しの期間、少しの時間、

                    それに費やしてみたいです。

                    そう今から。

                    決めました。

                    Xデーまで、集中します。

                    どれだけの結果が出るかは知りませんが

                    怪我も治ったので

                    一つのことに、たった一点の

                    ことについてのみ注力します。

                    30歳ザマベネこれからも

                    応援お願いします!

                     

                    iPhoneImage.png

                    2015.07.13 Monday

                    偏りなきを偏らせず

                    0


                      村山慈明七段に会いました!

                      私は小学生の頃から将棋を指していました。
                      (遊びでたしなむ程度)

                      大人になった今も将棋は好きで

                      毎週末、NHK杯はもちろんのこと

                      YouTubeなどで

                      対局を観ています。

                      それは休みの日の至福の時間だと思っています。

                      そんな私が、今日、TVの中、

                      PCの中でしか見たことが無かった

                      尊敬すべき棋士に出会えたのです。

                      感激でした。

                      感激のあまり話し掛けてしまいました(笑)

                      村山七段…対局前にごめんなさい。

                      今日声掛けたの私です^^;

                      飯島七段との対局の行方は

                      どうなったのでしょう。

                      寝る前に調べてみたいと思います。

                      どうか勝利していますように。


                      さて、題名ですが

                      最近、私は根を詰め過ぎて

                      思うように走れませんでした。

                      怪我もしてしまう始末で

                      どうしようもなかったです。

                      ですが、本日、会員の女性と

                      一緒に走って思いました。

                      根を詰め過ぎて偏り過ぎたと。

                      集中して競技に取り組むのは

                      良いが、それが行き過ぎると

                      世間との交わりを無くし

                      精神的に不安定な状態で

                      この身を競技の世界に委ねることになります。

                      ですがそれは、目も当てられない悲劇的なこと。

                      やがて人格崩壊へと自らを誘います。


                      しかしなにかを目指すということは

                      なにかを獲得する行為と同意です。

                      適度な熱量ではたどり着けないことも事実。

                      偏りなきを偏らせず…。

                      難しい!


                      2015.06.07 Sunday

                      日本体育大学長距離記録会2015.6/6

                      0
                        日体大記録会1万M
                        30分57秒
                        (15.02→15.55)

                        3000mの通過は8.47で上々でしたが
                        そこからは74秒押しです。

                        さらには5000mから6000mにかけて

                        付いていた前の選手がそれまで

                        一周72秒〜74秒で回っていたのですが

                        一周76秒をかけ始めペースが落ちたので

                        前へと出ていきましたら

                        ここで大きく体力を消耗してしまいました。
                        (一人で行く力はない証拠)

                        6000mからは前へ前へと向かって行きましたが

                        78秒ぐらいかかっていたと思います…。

                        悔しい結果になりました。

                        ですが今の実力が分かって
                        これはこれで良かったのです。

                        必要な能力の向上・開発に向けて

                        鍛錬するのみです。

                        引き続き北海道マラソンに向けて

                        精進していきます。

                        さて、ここまでは昨日の報告でしたが

                        ここからは結果がメンタルについて及ぼす

                        影響について書きたいと思います。

                        まず、その前に走る前のメンタルについてお話します。

                        レースが行われる数日前から

                        私は久々のトラックレースのドキドキと

                        期待で胸が膨らむワクワクが混在する

                        非常に良いメンタルコンディションでした。

                        練習量が減り、疲労感もなく

                        走れば走るほど軽くなる肉体に

                        気持ちは高揚していました。

                        長野マラソンが終わってから

                        ひたむきに日体大記録会に向けて練習を

                        積んできましたし

                        アクシデントに見舞われても

                        うまく回避して

                        リスク管理が出来ていました。

                        十分なトレーニングと精神的安定が

                        あった日々を過ごして

                        ターゲットタイムである29分台は

                        達成できると自信をみなぎらせていましたのです。

                        そして迎えたレース。

                        スタートしてから動きはよく

                        弱冠のオーバーペースという

                        懸念はありましたが、

                        流れに乗らなければならないシーンでしたので

                        滑り出しは完璧と言えました。

                        しかし5000mから局面が変わり

                        地力を必要とする場面になりました。

                        転機はここでした。

                        実力を伴っていれば

                        自ら局面を打開できるのでしょうが

                        今の私にはそれが出来ない。

                        試みたものの体力を消耗するだけで

                        むしろパフォーマンスを下げた要因となってしまいました。

                        そしてトップを走る選手に

                        まさかの周回遅れ。

                        そこからは海で溺れるが如く

                        身体が言うことを聞かない。

                        前へ前へと進もうと思っても

                        うまく体を動かせられない。

                        そしてら気づけば

                        ラスト1周。

                        ラストスパートを想定した練習も

                        してきましたが十分に発揮されることはなく

                        試合終了ーーー。

                        レース後半は肉体的にもしんどかったですが

                        何よりも思うように走れないことへの

                        ショックが大きかったです。

                        ここからがようやく本題です。

                        レース中に受ける惨めさと

                        不甲斐なさ、そして屈辱感。

                        過去に戦って、勝利してきた選手たちに

                        敗北される悔しさと言ったらありません。

                        解決する為の答えは分かっています。

                        この一カ月過ごした濃密なトレーニング期間を

                        今後も継続してひたむきに取り組むこと。

                        そうすれば秋冬には以前の力を

                        取り戻し、戦えることは自信を持って

                        言えます。

                        ですが、人間は機械ではないので

                        今回のレースで受けた心理的ダメージを

                        回復・克服しなければなりません。

                        その工程を無視すると

                        どこかで知らず知らずの内に

                        メンタルに病巣が出来てしまいます。

                        それは潜在的意識に存在し

                        ところどころで悪さをするのです。

                        ですから、早い段階で心理的ダメージを

                        回復する必要があります。

                        ってなわけで代官山で美味しいスイーツでも

                        食べたいと思います!
                        Calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                        手作りケフィアヨーグルトの種菌
                        キリンビールの新商品
                        スポーツ用品ならココ!
                        アスリート就職
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM